アウェイの洗礼(VSアスルクラロ沼津)

恥ずかしながら、セカンドステージ初参戦のです。
10_20140825185253d4c.jpg
クルマで厚木から東名高速に乗り一時間くらいで到着しました。

なかなか良いスタジアムです。
20.jpg
JFLになってつくづく普通の場所で観戦できる有り難味を感じます。


11時に開門
30.jpg
アウェイでは珍しいゴール裏観戦となります。
メインスタンドには2500人以上の観客が
この人たちに「ワー!!」されると厄介だなって思いました。

まだまだゴール裏人数の少ないJFL
「俺たちの声で雰囲気変えようぜ!!」が現実的にできません(汗)

とにかく精一杯後押しするから、選手達がんばってね!!
がアウェイの現実(汗)


試合は、前半10分位にPKから先制!!
しかし先制した後はやや押され気味でした。
GK一森のがんばりもあり0-1で前半終了


後半は効果的な時間に2点目3点目を追加
そして、相手が一人少なくなった。


スタジアムは相変わらず静かだし
「今日は行ける」「あと何点取れるか?」
こんな事を考えてしまったと思う。

1点返された。
マークが外れてた気がする。
でも「大丈夫かな」って思ってた。

すかさずレノファの4点目
「これで沼津もおとなしくなるだろう」

しかし
「おとなしくならなかった」

諦めない沼津は捨て身で攻める。
アドバンテージの有るレノファは攻撃か?時間稼ぎ?か
徹底去れていない感じだった。

立て続けに2点返された
眠れる獅子メインスタンド2000人の「ワー」がスタジアムを包む。


レノファサポーターは一生懸命声出すも疲れが有る。
これ以上出せない。「やばい」「飲み込まれた」


ここでタイムアップ
40.jpg



■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■

     ■お名前.com
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「敵」としての自分たち

つくづくサッカーって先が読めない、最後まで安心できないスポーツだと思いました。
一寸先は闇。
沼津サポの歓声が聞こえてきた時の迫力、そして沼津3点目が入った時のイライラ感と言ったらなかったです。
思わず僕も声を荒げてしまった。

しかし、この圧倒される感が、またある種の快感だったりもします。
やはりアウェイは面白い。
もっと上のカテゴリーで、更にしびれるくらい「敵」としての自分たちを実感してみたい。
カテゴリ
最新記事
リンク
 

ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
最新コメント
プロフィール

せーいち

Author:せーいち

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ