2015最終戦 鳥取バードスタジアム

夜行バスを降りて、バードスタジアムに到着すると、大勢の人が並んでいました。
数年前では考えられない光景です。Jリーグっぽいです。レノファブームですね。
ガイナーレ鳥取14312
こんな光景を目の当たりにしてると
「昇格が叶わず、来シーズンの内容が悪かった場合の最終戦の並びはどの様な光景になっているだろう?」
「どのような状態になっても付いて来る人はどの位居るのだろう?」
ついつい、ひねくれた考えが頭をよぎります。


とにかく何かに集中していないと、具合が悪くなりそうなので、開門後は色々な作業に没頭しました。

そして
選手入場、バックスタンドから「鳥取」と書かれたビックフラッグが登場しました。
前回も登場したのですが、もしかしたら毎試合出しているのか?そうだとしたら…



試合開始直後にあっさり失点しました。

何としても逃げ切りたいシーズン最終戦に、最も早い時間の失点で追う展開になるとは、何て皮肉なんだろう。
と思ったと同時に

J3開幕当時、こんな状況が頻繁に起こるだろうな。って予想してたの思い出した。
そもそも今の状況が夢だったりして?


疲れのせいか思考がおかしくなって来たので、
遮断し応援に集中する事にしました。

藤枝戦に参戦できない事が決まってから、ラスト3戦は「無心で応援」すると決めていたので
自分との約束を果たす。その事だけに集中します。

後半開始直後、鳥取選手の退場により数的優位に経ちました。
そのことで、色々と考えはじめてしまった(汗)

「これまで得点力を武器に勝ち上がってきた」
「40分以上残っている状況で数的有利」
「鳥取が強豪とは言え、長野や町田では無いから」
「2点、たった2点取って勝てばいい」

色々な事を考える。
1点返す。


無心で居られなくなる。
もう1点が遠い。


時間が経つにつれ、数的優位感がなくなってくる。
何となく、焦りだす。

鳥取にカウンターを決められ、突き放される。
行け行けムードが断ち切られる。


気が付けば残り時間も少なくなっている。
鳥取の守備が安定してくる。
前がかりになり過ぎると、カウンターも怖い、もう1点取られたらもうダメ。

2点が遠い!!




結果は、皆さんご存知だと思いますが、自分がまだまだだな
って感じた日でした。
ガイナーレ鳥取14305
最後の最後に思った事は、
「レノファが負けても、町田が負けてたら優勝できる」
って思った事

試合終了まで大声を声を出して旗を振って居ましたが

45分を過ぎたあたりから、頭の中では、レノファの同点逆転よりも、長野の勝利=他力に期待していました。
ガイナーレ鳥取14306

ガイナーレ鳥取14308


↓↓↓renofaはもっと強くなる
にほんブログ村 サッカーブログ レノファ山口FCへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
リンク
 

ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
最新コメント
プロフィール

せーいち

Author:せーいち

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ