2015最終戦 鳥取バードスタジアム

夜行バスを降りて、バードスタジアムに到着すると、大勢の人が並んでいました。
数年前では考えられない光景です。Jリーグっぽいです。レノファブームですね。
ガイナーレ鳥取14312
こんな光景を目の当たりにしてると
「昇格が叶わず、来シーズンの内容が悪かった場合の最終戦の並びはどの様な光景になっているだろう?」
「どのような状態になっても付いて来る人はどの位居るのだろう?」
ついつい、ひねくれた考えが頭をよぎります。


とにかく何かに集中していないと、具合が悪くなりそうなので、開門後は色々な作業に没頭しました。

そして
選手入場、バックスタンドから「鳥取」と書かれたビックフラッグが登場しました。
前回も登場したのですが、もしかしたら毎試合出しているのか?そうだとしたら…



試合開始直後にあっさり失点しました。

何としても逃げ切りたいシーズン最終戦に、最も早い時間の失点で追う展開になるとは、何て皮肉なんだろう。
と思ったと同時に

J3開幕当時、こんな状況が頻繁に起こるだろうな。って予想してたの思い出した。
そもそも今の状況が夢だったりして?


疲れのせいか思考がおかしくなって来たので、
遮断し応援に集中する事にしました。

藤枝戦に参戦できない事が決まってから、ラスト3戦は「無心で応援」すると決めていたので
自分との約束を果たす。その事だけに集中します。

後半開始直後、鳥取選手の退場により数的優位に経ちました。
そのことで、色々と考えはじめてしまった(汗)

「これまで得点力を武器に勝ち上がってきた」
「40分以上残っている状況で数的有利」
「鳥取が強豪とは言え、長野や町田では無いから」
「2点、たった2点取って勝てばいい」

色々な事を考える。
1点返す。


無心で居られなくなる。
もう1点が遠い。


時間が経つにつれ、数的優位感がなくなってくる。
何となく、焦りだす。

鳥取にカウンターを決められ、突き放される。
行け行けムードが断ち切られる。


気が付けば残り時間も少なくなっている。
鳥取の守備が安定してくる。
前がかりになり過ぎると、カウンターも怖い、もう1点取られたらもうダメ。

2点が遠い!!




結果は、皆さんご存知だと思いますが、自分がまだまだだな
って感じた日でした。
ガイナーレ鳥取14305
最後の最後に思った事は、
「レノファが負けても、町田が負けてたら優勝できる」
って思った事

試合終了まで大声を声を出して旗を振って居ましたが

45分を過ぎたあたりから、頭の中では、レノファの同点逆転よりも、長野の勝利=他力に期待していました。
ガイナーレ鳥取14306

ガイナーレ鳥取14308


↓↓↓renofaはもっと強くなる
にほんブログ村 サッカーブログ レノファ山口FCへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

いよいよ最終戦ですが

今回も夜行バスで往復したわけですが、一週間の緊張疲れか、いつもなら眠る事が出来ない行きのバスで爆睡

疲れているはずなのに帰りのバスでは殆ど眠る事が出来ませんでした。

いつもと違う心境です。


思い起こせば


開幕戦
一昨年J2だった「ガイナーレ鳥取」に対して、一昨年地域リーグだったレノファ山口はどこまで戦えるのだろう?

しばらくここでお世話になるわけだから、まずは楽しもう♪ このブームが文化になれば、更なる上位も狙えるのなぁ
気楽に望んだ開幕戦でしたが、勝利しました!!


そして、
連続ホーム開催となった「選抜」との一戦は、選抜選手の気持が切れ自滅したため、大量得点勝利。

なんと
首位になってしまいました。


第一クール
「そのうち落ちるだろう」と思って居る中「まだ首位に居る」「まだ首位に居る」の日々が続きました。


第二クール
得点力がアップ、維新公園では全勝、何処からともなく「J2行けるんじゃ?」って声も聞こえ始めました。
自分の中でも「何が起きているのか分からない」「この異常な得点力はなに?」そんな感じで、真夏の炎天下の中でも、「最初は」勢いが衰えませんでした。


しかし第二クール終盤
「選手の疲労」や、「対戦チームの研究や意地」なのか、快進撃に陰りが見え始めました。

そんな中でも「J3優勝」「J2昇格」に周囲は盛上り始め、レノファの特集が組まれた全国誌の発売も決定されました

天皇杯へと続いて行く中、この様な「大チャンス」は滅多に来ないので、天皇杯県予選は徳山大学に負けて欲しいとさえ思いました。

とても弱気な気持で、ただただ「ヤバイ」「ヤバイ」と思うばかりで、周囲が天皇杯に向け高いモチベーションを掛ける事に対しとても不思議でした。


※いま思っても、驚異的な粘りで追い上げを見せた町田ゼルビアが、レノファの勝点を上回る事が出来なかった理由の1つに、過密日程の中レノファより天皇杯を3試合多く闘い、その内2試合が遠征だった事による疲れじゃないかと思ってます。


そして
第三クール
夏の暑さが無くなって来ました。大量得点で勝利する事は有っても、今一つ波に乗れません。

首位にいるとは言え、地域リーグで無敗でJFLでは1敗 今期も全勝中だった維新公園で1勝3杯1分と、溺れる寸前に…

気が付けば
せっかく昇格したJ3リーグを殆ど楽しむ事が出来ずに最終戦まで来てしまいました。


ホーム最終戦の後は、毎日毎日同じ事ばかりを考えて「鳥取行きたくなーい」と思う日も有るなど、眠れない日も有りました。
覚悟なのか何なのか分かりませんが「今まで浮かれずやって来たのだから」「結果に怖がらず全力を尽くそう」と思い。

行きのバス中では、爆睡しました。


ガイナーレ鳥取14311
ガイナーレ鳥取14310




↓↓↓renofaはもっと強くなる
にほんブログ村 サッカーブログ レノファ山口FCへ
にほんブログ村


Jリーグ選抜(維新陸上競技場)

最近のホームゲームは新宿から夜行バスがすっかりおなじみです。

試合開始時刻が12:00なので、開門に間に合わないけど、仕方ないですね。

いつものバスに乗り、いつも通り眠れない。。

新山口駅に到着して山口線に乗り換え
選抜13986
一月来ない間に駅がきれいになっていました。

人も少なく良い駅ですが、改札入らないとトイレが無いかも(汗)


山口線の車内でレノファのレプリカを着てる人を何人か、見かけました。
数年前では、ありえない事です。!!


さて今日は、J1J2の若手選手で構成された、選抜チーム。 選手の実力は高いけど、チームワークが今ひとつのイメージです。

今日もチームワークは今ひとつの感じでしたが、個人個人のやる気が違います。
ぶっちゃけ「強い!!」


上位カテゴリーの意地やプライドでしょうか?

押し込まれ、失点スレスレのピンチも有りました。


試合は、0-0の引き分け。
最後はレノファが意地を見せ攻め込みましたが、シュートをほとんど打たせてもらえない試合でした。

この勝ち点1を価値あるものにするには、次の最終戦に全てを掛ける事に成ります。

レノファのサポータは、人数が多いものの余り声を出しません
最終戦はアウェイですが、きっと大勢のファンがつめかけるはず。


今シーズン最後の戦いとなるように、全員で大きな声を出して
優勝を勝ち取ろう。

選抜13985



↓↓↓renofaはもっと強くなる
にほんブログ村 サッカーブログ レノファ山口FCへ
にほんブログ村


クルージャ盛岡戦(盛岡南公園球技場)

盛岡13521

実は一ヶ月以上ぶりの参戦です。

近場の試合が無く、時間の都合が付かなかった為ですが。その間、今ひとつリズムに乗り切れないレノファの試合結果を知るだけでした。



しかし首位で、乗りきってくれていよいよ参戦できる状態になってきました。

とにかく楽しむ事だけを考える事にしました。



勝負に関しては「強い気持ち」だけ有れば良い訳で
盛岡13522
今年初めて、オレンジを着ました



東京から盛岡まで夜行バスに乗りました。相変わらず眠れませんが、無理に寝ようと意識しないようにしています。 朝の6時ごろ盛岡に到着、寒さは十分警戒していましたが、雨天はややノーマークでした。



出歩いても濡れるだけなので、盛岡駅構内で4時間すごして、岩手飯岡まで電車で行きました。 でも一駅安い切符を買ってしまったので、1つ手前の駅で降りて歩く事にしました。 距離はたいした事内のですが、時間的に急いだので少し疲れました。 早歩きで1時間 普通に歩く距離では無かったです(笑)



スタジアムは天気が悪くて風が無い、選手に取っては良い環境なのかな?と思った。
盛岡13520



お客さんは今回も少ないです。前回来た時は大きな祭りと重なってしまった為だと思ってたけど、そうでは無かったんだ!!



今回は準備が殆どなかったので、選手の入り待ちなどしました。

歌ったチャントがプレッシャーにならなければと思ったが、歌いました(汗)



試合が始まったって予想外の事が、濡れたピッチがとても滑る!!

これはどう作用するのか?誰が得して誰が損するのか、分かりませんが90分間滑りました。



試合は「宮城大作戦」で、序盤からレノファが押し込みました。 ここ2試合ホームで先制されているので、どの様な形でもいいので先取点が欲しかったです。



選手も同じ気持ちだったのか、オンゴールと宮城のシュートが決まり、2点先取して前半が終われました。



後半は、こちら攻めなので、フィニッシュとなるプレーが、滑ってしまい。なかなか上手く行きませんでしたが、島屋だけは上手くボールコントロール出来ていたみたいで、3点目をアシストする見事なセンターリングを上げてくれました。 宮城が相手ディフェンスを上手く引き付けて、岸田の頭に上手く合いました!!



盛岡に1点返されて、ちょっと雰囲気悪くなりかけたけど、ゴール前の混戦から4点目を上げ試合はそのまま終了。



得点経過よりも、90分間攻め続け、得点の匂いもし続けた良い内容でした。



思えば快進撃を続けてた第2クールの終盤、猛暑の中ここで行われた試合から、http://renofayamaguchi.blog.fc2.com/blog-entry-113.html違和感を感じま始めましたが、「迷い無き攻撃の姿勢」が戻って来た気がしました。
盛岡13519

↓↓↓renofaはもっと強くなる
にほんブログ村 サッカーブログ レノファ山口FCへ
にほんブログ村


カテゴリ
最新記事
リンク
 

ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
最新コメント
プロフィール

せーいち

Author:せーいち

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ